XRMファイルまたはddsファイルへのパスに多バイト文字を含んでいると、REMO Viewerが起動しない

REMO Viewerが扱うことができる多バイト文字は、お使いのWindowsの“地域と言語”の設定によります。 当該設定で選択している言語の文字はパスに使用することができますが、それ以外の言語の文字はパスに使用できません。 多バイト文字については選択した言語の文字のみをパスに含むようにする、もしくはパスに含んでいる文字の言語を選択してください。 設定は、Windowsの[コントロールパネル]→[地域と言語]→[形式]より可能です。 この制限は将来のバージョンで撤廃される予定です。(#1008)